翼あるもの

翼を持つイスのオブジェ その1

111121.JPG 翼を持つ椅子のオブジェを作っています。
背の上部にこんな翼がつきます。
硬くて柔らかいモノを目指して、鉄を叩きます。
 
 

| | コメント (0)

贅沢な朝食〜

111116-4.JPG 私の作ったうさぎがラベルになっているぶどうジュースをいただきました。
濃くて美味しー!!!
手前味噌の手作りフランスパンもどきと、これまた頂いた優しい味のジャム〜
 
なんとも贅沢な朝食になりましたでございます〜
 
 
ちなみにうさぎはこちら
 
ウサウサの庭
 
 

| | コメント (0)

エントランスオブジェとしてのイス その15

Owcl-014-Tubasacl-Yum All-031Ruw
出来ました。
塗装して座面をセットした状態です。

| | コメント (0)

エントランスオブジェとしてのイス その13

Bm-080330-Ca3A0022-B
木部分はオイル仕上げです。
以前はワトコオイルを使ったりしたのですが、友人の家具作家、
多音他工房の種綿さんに、プラネットカラーを教えてもらいました。
100%植物油を使用した安全な天然木材用保護塗料だそうです。
缶を空けて、ニオイが、何とも素敵なニオイなのでビックリしました。森林浴を凝縮したような感じと申しましょうか。
乾きも早く、しっとりした高級感のあるツヤに落ち着いて大満足です。
ただ、塗る際に使ったウエスなどが、空気で酸化して自然発火する場合があるそうで、後片付けは慎重にしなくては。
あぁ、もちろん、塗った木が自然発火することはないそうなので、あしからず、です。

| | コメント (2)

エントランスオブジェとしてのイス その12

Bm-080330-Ca3A0014-B
座面の方も仕上げていきます。

| | コメント (0)

エントランスオブジェとしてのイス その11

Bm-080330-Ca3A0011-B
正面からの見え。
裏からの溶接熱で表面が荒れないか心配だったのですが、大丈夫なようです。

| | コメント (0)

エントランスオブジェとしてのイス その10

Bm-080330-Ca3A0010-B
翼を取り付けます。
エスキースではアーチ型の背のトップに予定していましたが、
実際のバランスではなんとなく安定が悪かったので、トップからずらすことにしました。
ステイを出して、目立たないように、しっかり付けます。

| | コメント (0)

エントランスオブジェとしてのイス その9

Bm-080330-Ca3A0008-B-2
自立するようになりました。

| | コメント (0)

エントランスオブジェとしてのイス その8

Bm-080329-Ca3A0005-B-2
各パーツが決まってきたので、アーク溶接で固めていきます。

| | コメント (0)

エントランスオブジェとしてのイス その7

Bm-080325-Ca3A0005-B
座面は木にします。
エスキースでは2パーツ構成でしたが、3パーツ構成に変更しました。

| | コメント (0)