« 久々のチーズケーキNYスタイル | トップページ | たい焼き10個 »

従兄弟が急に亡くなりました。

120223.JPG
インフルエンザが重篤化しての急死とのことで、発症から2日と経っていなかったそうです。
 
季節性インフルエンザでも毎年何人かの方が亡くなるのは、知ってはいましたが近しい人にとは想像しませんでした。
 
うちの親は兄弟仲が良く、子供の頃はしょっちゅう交流していたので頻繁に会って遊びました。
でも大人になってからはほとんど合うことがなくて、彼の奥さんにも子供にもお葬式で初めて会いました。
 
ただ、東上線の運転士をしていたので、沿線住民としては電車にのる時ばったり会って「元気〜?」なんて言ったりすることがいつか普通に起きるんだろうと、信じるに近い感覚で思っていました。
そういう偶然は一度も無いまま、永遠に起きないこととになりました。
 
 
亡くなるのがあまりに早いので毒物の可能性があるのではと、警察から事件性を疑われたことに叔父はとても憤慨していました。
生命保険はどうなっている、
健康診断書の提出、
冷蔵庫の中を写真に撮る、
何が起きたのか動転している家族には酷だっただろうと思います。
一人息子で一家の大黒柱。
検死の結果、A香港型インフルエンザに起因すると、確定が出ました。
 
彼の次男が、丁度よく遊んだ頃の彼にそっくりで、ほんとにそっくりで、少し不思議な気持ちになりました。
親族は、死後に会えるという話を聞いたことがあります。
花で埋め尽くされた彼に「また会おうね」と心の中でお別れを言いました。
46歳でした。
 
 
 
 
  

   

|

« 久々のチーズケーキNYスタイル | トップページ | たい焼き10個 »

日々のあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久々のチーズケーキNYスタイル | トップページ | たい焼き10個 »