« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

Lionデビュー

110829-3.JPG 遅ればせながら、OSをLionにすることにしました。
はたして、、、、、?
 
 
 

| | コメント (0)

秋めいてきましたね。

110830.JPG 朝散歩の朝焼け空も何となく秋めいたカンジだし、
何より虫の声がすっかり秋ですなぁ、、、
月末とは言え、仮にも8月、一応は夏休みだというのに。。。
 
 

| | コメント (0)

鉄のバラ その15

110829-2.JPG葉っぱも作るんですけど、
花もまだ終わりじゃありません。
後ろが何にもできてないのです。
 
順番として、萼から付けていきます。
結構小さいパーツですが、ちゃんと叩いています。
冷鍛ですけど。
 
 
 

| | コメント (0)

鉄のバラ その14

 
 
葉っぱも作らなくちゃね。 
 
110828-1.JPG
まだまだやることいっぱい。。。
 
 
 

| | コメント (0)

竹中大工道具館で檜皮葺体験

110827-3.JPG 神戸の展示にはなかなか行かれないのですが、
東京会場でも体験が出来るとあって
東陽町までお上りしてきました。
 
110827-4.JPG
コンパクトな会場ながら内容はとても充実していて
スッゴクおもしろかったです。
 
茅葺きの葺き替えは子供の頃近所で一度見たことがあるのですが
遠目だったし、こんな構造になってるとか、全然わからなかった。
 
今回、丁寧な説明も聞くことが出来て、すごい技術だなぁと改めて納得。
 
 
110827-2.JPG
檜の皮を屋根材へと準備する工程。
最近は若い職人さんも多いそうです。
 
110827-1.JPG
竹釘を使って実際に檜皮を留めていきます。
鉄のハンマーと全然違う形の、ほぼサイコロ状の頭をしたハンマーがとても興味深かった。
この作業では、頭に長さがあるとかえってジャマなので短いそうです。
道具ってホントいろいろ。
 
 
  110827-6.JPG
檜皮と竹釘、頂いちゃいました。
、、、でもこれって、どうしようかしら。。。。
 
 
ところで、せっかくの東陽町でございます。
展示を堪能した後は
6,7年ぶりかしら、N氏と待ち合わせて相方と3人で昔話に花いっぱい。
近況話に花盛りでございました〜
 
 
 

| | コメント (0)

鉄のバラ その13

110824-2.JPG そしてもう一つ、花心の見えるタイプを追加。
私的には若干花びら少なめの軽い花も大好きです。
 
バラは奥が深いですよね。
 
 
 

| | コメント (0)

鉄のバラ その12

110825-2.JPG バラの種類や流行に対して、とんと疎い江口でございます。
さて、花弁のやたら多いタイプって、今時人気なんでしょうか?
 
最近、ガーデニングショウとかで見かけることしばし。
 
 
お客様のお庭にも、キレイに咲き誇っておりました。
なので、やっぱり作った方が良いかしらと、トライしたのですが
やあ、ははははっ
単純に言って、花弁多くて大変でございまする〜
 
 

 

| | コメント (0)

鉄のバラ その11

110824-1.JPG 花びらの枚数の少ないタイプ。
花心が見える状態で作ります。
おしべが固まってますが、最終的にはランダムに開く予定です。
 
 

| | コメント (0)

鉄のバラ その10

110823-2.JPG そろそろ花心が見えてるタイプも作らなくっちゃね。。。
 
 

| | コメント (0)

鉄のバラ その9

110823-1.JPG いわゆるバラってカンジ。
でもこのタイプはお客様のお庭では少数派な雰囲気でした。
 
 

| | コメント (0)

鉄のバラ その8

110821-2.JPG 派手めタイプを追加。
 
 
110821-3.JPG
そしてこちらは、違った展開を考えているのですが、
果たしてどうなるでしょうねぇ。。。
 
 

| | コメント (0)

夏祭り

110820-1.JPG 今日は町内会のお祭りで
提灯下がってます。
高さがですね、、、ちょっと低いのです。
ハイエース、、、通れないのですよ。
 
提灯持ち上げないと無理なわけですね。
それで柄の長い箒でハイエース通りきるまで持ち上げとくのですよ。
 
で、相方が
「提灯持ちやって。」
 
・・・いいんですけど、その通りなんですけど
なんか、その、「提灯持ち」って、言われると、なんだかなぁ・・・でした。。。
 
 
 
ちなみに、ことわざデータバンクより
 
提灯持ち(ちょうちんもち)
意 味: 他人の手先に使われたり、その人を宣伝しほめてまわること。
読 み: ちょうちんもち
解 説: 他人の手先に使われて、その人の長所を吹聴して回ったりすること。頼まれもしないのに他人を誉めたり宣伝したりすること。また、それをする人。
類義語: 太鼓持ち
 
 
 
三省堂 大辞林より
 
ちょうちん-もち ちやう― 3 【▽提▽灯持(ち)】

(1)提灯を持って先に立ち、足もとを照らして行く役。
(2)他人やある物事のために、その人やその物事の長所などを宣伝してまわること。また、その人をあざけっていう語。
「提灯持ち」に似た言葉
家来 側用人 使用人 小者 茶坊主
 
 

| | コメント (0)

鉄のバラ その7

110820-4.JPG むむむ。。。
 
 

| | コメント (0)

鉄のバラ その6

110817.JPG 咲き始めの雰囲気に挑戦中。
このカンジはチト苦手としておりまして
イマイチ作りたいカンジにまとめにくい。
今回、ちょっとじっくりやってみます。
 
 
 

| | コメント (0)

鉄のバラ その5

110816-5.JPG ちょっとハデなカンジにまとまりました。
 
 
110816-6.JPG
とりあえず3パターンというトコロかしら。。。
 
 
 

| | コメント (0)

鉄のバラ その4

110816-1.JPG 花は中心から作ります。
当たり前か。。。。
 
 
  110816-3.JPG
溶接は後ろからです。
まあ、そうなりますよね、普通。。。
 
 
110816-4.JPG そしてこんな感じ。
ちょっと花びらウネウネ系。
 
 
  

| | コメント (0)

忍者の必需品

110816-2.JPG 手甲でございます。
 
何かと手首を痛めがちなので、何か巻いときたいのですが
サポーターやリストバンドって、夏場かぶれませんか?
たぶん汗のせい。
私ダメなんです、ブツブツ出来ちゃう。
 
ところが手甲だと大丈夫なんです。
木綿で、密着させないことが出来るところ辺りがいいのかしら。
 
そして手甲と言えば、絶対コハゼです。
マジックテープは堅いので手首の動きに付いてこないから
擦れて痛くなります。
日本に昔からあるものって、とても理にかなってるなぁと思うのであります。
 
 
   

| | コメント (0)

サービス良いです。

110815-1.JPG 撫でてもらうの大好きなヨリさんは
お返しにいっぱいなめてくれます。。。
 
そして、なめながら寝ます。。。。
おいっ、、、
 
 

| | コメント (0)

天高く

110815-2.JPG たぶん荻、輝いてキレイです。
ただ、何とも秋の気配がする穂です。
 
お盆で世の中お休みですが、
例年のごとく世の中のお休みとはリンク出来ない生活。
材料とか買えなくなるのが不便なだけでございます。
 
 

| | コメント (0)

裏切り者

110813-2.JPG 暑くてだれているみんとさんですが、
私、知ってしまったのですよ、
貴方、裏切り者だったのですね。
 
暑い日中は義母の部屋でしっかりクーラーの恩恵にあずかっておいでだったのね。
最初はクーラー嫌いだったじゃん!
私に似てよしよしって思ってたのに−!
何でも特等席に陣取って、ヨリさん追い出してたらしいじゃない!
 
いくらブチブチ言ってもまったく知らん顔にみんとさんです。
まったく。。。。

| | コメント (0)

さらなる大人買い

110813-1.JPG やってしまいました。
鋼の錬金術師 27巻 大人買いでございます。。。
 
く〜っ、以前から好きだったしさー
ストーリー所々知らないから、話しがつながらなくってさー
 
大きな箱で届いた割には、27冊ってたいした分量じゃない印象です。
作者の方はホントに漫画が好きなんですね。
巻末のおまけが殊に楽しい。
 
それにしても、これの作品、
アニメは原作にかなり忠実だったんだなぁと、、、
まだ途中までしか読んでないけどね。
 
 
いやっ、ほらっ、「デビルマン」を経験した世代としては
原作とアニメがまったく別物って疑ってかかるクセが付いていて、ね。
 
 

| | コメント (0)

鉄のバラ その3

110810-01.jpg え〜、考えていても進まないので、
試作を借り組みしながら当たりを出していきます。
 
この花びらの大きさでいいのか、
この枚数で組んだものでいけるのか、
やってみなけりゃわかりません。
 
で、とりあえずこんな感じから。
 
 
 
花は結構自由に作ってきたので、モデルがあると緊張しますなぁ。。。
気にしすぎないようにしようっと。
 
 

| | コメント (0)

鉄のバラ その2

110809-1.JPG 今回は特定のバラのモデルがあるのです。
 
鉄で作るわけですので、そっくりな写実というのは、
もしそう作れたとしても、それが良いかは別な問題なわけで、
近い雰囲気で鉄の良さを生かせるようにがんばってみようと考えています。 
 
  
110809-2.JPG
壁にお客様のバラの写真貼りまくり〜
 
 

| | コメント (0)

鉄のバラ その1

110808-3.JPG 石鹸ばっかじゃなくて鉄でも作ってます。
この花びらは、バラになる予定。
さてさて、これからいっぱい叩かないとなりませぬなぁ。。。
 
バラと言っても、最近はホントいろいろな雰囲気の花がありますね。
ただ花びらの枚数の多い少ないじゃなくて、
花だけアップで見るとバラと言うよりサザンカのようだったりとか。
 
今回はお客様のお庭のバラがモデルになります。
記号としてのバラではなく、
一つ一つ個性のある、はかなげなカンジを目指します。
 
がんばれ、自分!
 
 

| | コメント (0)

石鹸型出し

110807-1.JPG 石鹸は型を切り開いて一日程度置いた後、ひっくり返して裏を乾燥させます。
その後、1,2日してからカットすると、キレイに切りやすいです。
 
若干の良さそうな香りが続いているのですが、
もうちょっとしっかり香るといいのだけどなぁと、贅沢をいう。
ベースノートとミドルノートだけでしっかり香らせるって、どうしましょうかねぇ。。。
 
 
池袋の東上線改札近くにラッシュがあるでしょ。
かなり香りますよね。
アレはアレでどうかなぁと思うしねぇ。。。
 
 

| | コメント (0)

外を見る

110808-2.JPG ヨリさんは外を見るのが大好きです。
だけど、一度も出たがったことがありません。
 
ヨリさんを保護して一番心配だったのは
おそらく外に行きたがるだろうと言うことでした。
外で自由を満喫したニャンコは、なかなか完全家猫になりにくいと聞いていたからです。
 
なんてことはありませんでした。
お外でさんざん懲りたニャンコは、もう戻りたくないってことかしらん。
 
かくして完全家猫を満喫しているヨリさんです。
 
 

| | コメント (0)

デロンギでガッテン流ウルトラしょうが

110807-2.JPG 夏場は体の芯が冷えてしまう体質でして、
でも暑いから体をどう温めたらいいやら、、、
結構毎年の問題でございました。
 
 
GyaOに5分でわかるためしてガッテンというものがあり、
そこにウルトラしょうがという、体の芯も温めるしょうがが紹介されていました。
(現在は公開終了のようです)
ヨサゲじゃない、と、ためしてみることに。
公式ページはこちらです。
 
しょうがを厚さ1~2mmにスライスする
方法(1) 室内放置で1週間程度
方法(2) 天日干しで1日
 
天日干しも室内放置もちょっとね、ニャンズもいるし。 
番組中ではレンジで作ったようですが、燃えるとの連絡でレンジはおすすめしないとあります。 
それで、デロンギで乾燥野菜を作る要領でやってみました。
 
基本は
150度、15分、ファン有り
のようです。
 
どうも私の場合、これだと乾燥が甘い気がしたので
追加で
110度、10分、ファン有り
もやりました。
コレが写真の状態です。
 
ちっちゃいタッパーに入れて日に3,4回、一かけぐらいずつをポリポリ、
少々辛いですが私的には苦になりません。
びっくりするぐらい足先が温かいです。
 
いつも夏場は大汗かいて、芯は冷え冷えしてどうしたモンだろうと困っていたのが
なんだか楽です。
マジ、いいかも。。。
 
 
 
   

| | コメント (0)

大人買い

110806-1.JPG 野暮用で武蔵境へ行き、時々覗く古本屋さんで見つけてしまいました。
大人買いという言葉は知ってましたけど、実行したのは初めてでございます。
「もやしもん」衝動買いです。
 
ドラマになったんですか?
アニメになったんですか?
 
そういったテレビ的話題にはめっきり疎い江口でございます。
 
以前、確かガチャガチャのキャラか何かが話題になっていたのは存じ上げておりました。
ぱらっと立ち読みして、キビヤックをすする樹教授にやられました〜
なんじゃこれ〜〜〜〜 知らない世界がここにあった、、、そんなカンジ。
 
お酒ダメなんですけど、COEDOのビールとか、飲んでみたくなった。
(川越の地ビールです。ちなみにホームページはフルFlashと思われる音声付きで私の苦手なタイプだったのでリンクしません。) 
 

| | コメント (0)

ハナゴコロさんに石鹸納品

110803-2.JPG 夏企画で展示を変えてらっしゃるハナゴコロさん。
私の小品も一部置かせていただきました〜
 
110806-2.JPG
今回納品させていただいた石鹸は
シアバターをマンゴーバターに変えて作ったヴァージョン。
 
シアバターとマンゴーバターはとても成分が似ているのですが
マンゴーバターを使った方が石鹸としてはリッチなものに仕上がる気がします。
 
でも、世の中的にはシアバターってとっても人気があるので
シアバターってだけで、その方が良いと思われる方も多いかも知れないなぁと思うわけであります。
どうなんでしょうねぇ。。。
 
 
110803-3.JPG
鉄熊が気持ちよさそうにしておりました。
 
 
110803-4.JPG
こんな玉ごけもオシャレですねぇ。。。
 
 

| | コメント (0)

石鹸固まりました。

110802-1.JPG 保温箱から出した石鹸。
無事固まっておりますが、ジェルジェルな様相です。
 
なんか、チト、いつもよりよい香りがする気が。
トップノートのものはほぼ使っていないので
このカンジの香りが残ってくれると嬉しいですなぁ〜
 
さあ、熟成完了後にはどんなことになっているでしょうか。
お楽しみでございます。
 
 
 

| | コメント (0)

さらに石鹸です。

110803-1.JPG 夏でも超保湿タイプの石鹸を使っている相方が
「もう少し乾かない方が良いんだけど、、、」などともうしまして・・・
 
マジ?
あんた、ドンだけ敏感肌?
 
私なんて、それで洗髪すると重くなっちゃうんですけどねぇ。。。
個人差は様々なようで。
 
それで、さらに保湿タイプの秋に備える石鹸を仕込むことにいたしました。
何せ使えるのは一ヶ月先でございます。
今作って、やっと9月上旬に間に合う訳なのだ。
 
レシピもイロイロ調整いたしまして
ナッツ系のオイルを多く配合しました。
香りも改良ヴァージョンのインフューズドオリーブオイル使用でございます。
 

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »