« アルミのウサギ その8 | トップページ | かわいいチョコレート »

手作り日焼け止め ベース編

110611.JPG 日差し強いし溶接するしで日焼け止め必須なんですが、
市販品は懲りているので、せっせと手作りです。
 
オイルアイテムは絶対NGという考え方もあるのですが
(オイルを与えると自身の皮脂分泌機能が衰える、オイルが肌で酸化するのでダメージになる、等ですかね)
私は効果を感じられるオイルはうまく使っていきたいと考えているので、
というか単にオイル好きかも知れないのですが、
自分でブレンドしたオイルと、
日焼け止め効果が望めそうなパウダーとのコラボで使っております。
 
 
ブレンドオイル
 
レッドラズベリーオイル 5g
メドゥフォームオイル 2g
アルガンオイル 1g

・・・ボトルで混ぜて完了 
 
 
パウダー
 
珊瑚パウダー 2g
セリサイト 1.5g
豆乳パウダー 3g
シルクパウダー(微粒子・フィブロイン100%) 1g
コーンスターチ 0.5g
真珠パウダー 0.5g
 
・・・乳鉢でしばしゴリゴリ、容器に移して完了
 
 
さてさて、材料に選んだモノたちのことでございます。
 
 
レッドラズベリーオイル

マンデイムーンさんのトコロでは、
カナダのチームの研究結果によるとUVB波を防ぐSPF値がSPF28~50以上と非常に高く、
また、UVA波を防ぐPA値も++と非常に効果があると紹介されているオイルです。
必須脂肪酸αトコフェノール、ビタミンE、ビタミンA、オメガ3&6をバランス良く含み非常にリッチだそうです。
 
 
メドウフォームオイル
 
メドウフォームの種子から採取されるオイルで、やや黄色の透明な液体で主成分は「エイコセン酸」。
比較的分子量が大きめのオイルであるため、しっとりと保湿効果が高いのですが、使用感はなめらかでサラサラ。
お肌に薄い皮膜を形成して水分の蒸発を防いで乾燥から肌を守り、その保湿効果は長時間持続すると言われます。
植物性のワセリンというカンジらしい。
 
 
アルガンオイル
 
モロッコ王国で作られる非常に貴重なオイルです。
美肌効果・老化防止効果などがあると言われているビタミンEが植物油の中ではもっとも豊富に含まれ、若返りのオイル「魔法のオイル」と呼ばれています。
強い紫外線対策やシワ、夏の冷房による乾燥対策・皮膚の老化を遅らせる効能があるといい、アラブの伝統医学では 水痘・リウマチ・火傷・湿疹などの治療に外用薬として使われるそうです。
 
 
ねぇ、、、こんなこときいちゃうと、
オイルアイテムNGなんて、なんかもったいなくなっちゃうわけですよ。。。
    
 
 
それではパウダーたち
 
 
珊瑚パウダー
 
天然紫外線防止剤としては、高いUVカット効果を有し、通気性も高く、汗などを吸収し、発散する作用があります。
天然の食品添加物として長く使用されてきた原料で、人バッチテスト試験などでも安全とされる結果が得られています。と、ぴのあさんで紹介されています。
PHコントロール(PH7~9)による天然の防腐作用もあるそうです。
 
 
セリサイト
 
白雲母族の鉱物で、 表面が絹糸の光沢を持つことから 「絹雲母」とも呼ばれています。
単体での紫外線防止効果はほとんど期待は出来ませが、 フェイスパウダーとして使用の場合、素顔でいるよりある程度の紫外線は防げるのかも。
光沢が あるので、 肌のくすみを無くしたように 見せる効果期待できそう。
と、あまりたいしたことないカンジなのですが、電磁波をカットしたり、抗酸化作用がある、とも言われているようです。  
(PCの前にガッツリなので、、、)
 
 
豆乳パウダー
 
豆乳は肌を美しく保つ効果のあるビタミンEが豊富で、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンもたっぷり。
パウダーモノは肌が乾燥する感覚があるので、それを緩和するために入れています。
私的には、入れた方が肌が楽です。
豆乳を肌に付けるとむだ毛が減ってくるという話しもありますが、私はその辺の効果はよくわかりません。
そもそも親譲りのあるかないかわからない眉毛なので。。。
 
 
シルクパウダー
 
セリシン100%のタイプと、フィブロイン100%のタイプ、そのブレンド(というか分離させていないモノ?)が市販されているようです。
セリシンがとても良いという情報と、セリシンで角質はがれが促進されるという情報が両方あるので、いいのか悪いのかよくわかりません。
私はできるだけ角質大事にしたい派なので、フィブロイン100%のモノを現在使用しています。
ある程度の紫外線をカットし、活性酸素とチロシナーゼを抑え、肌保湿の能力があるそうです。
 
 
コーンスターチ
 
はい、お菓子とかに使うトウモロコシの粉ですな。
普通にスーパーで買えますが、コスメグレードというタイプも売っています。
違いはよくわからんのですが、一般にコスメグレードというと、アレルゲン除去をしてあるけど、食品じゃないから温度管理とかはあまり厳密じゃない、という理解みたいです。
現在、コスメグレードを使ってみていますが、次回は食品を試してみようかと。
私あまりアレルギー強く出ないみたいなので。。。
保湿のために入れています。  
 
 
真珠パウダー
 
オレンジフラワーさんによると、天然アミノ酸が豊富に含まれ、皮膚のコラーゲンに似ていて肌になじみやすく、保湿効果、肌の再生能力アップ、お肌の収斂、老化防止によいようです。
真珠タンパク質のコンキオリンはアミノ酸組成としてグリシンが特異的に多く、次いでアラニンが多く含まれるそうです。
この構成は皮膚の保湿成分であるコラーゲンのアミノ酸組成に似ています。
また皮膚の角質層に存在するNMF(天然保湿因子)はアミノ酸を豊富に含み皮膚のうるおい(水分保持)を保っています。
真珠コンキオリンはNMFsの働きを助け、保湿作用があるとされているようです。
 
 
てな内容の粉類をよく混ぜるために乳鉢でゴリゴリしたモノが 青い瓶の中身でございます。
 
110603-5.JPG  
使い方は、パウダーを耳かき一杯分ぐらい手のひらにとり
ブレンドオイルを1滴垂らし、手を合わせてモミモミなじませ、
そこに化粧水を少々垂らしてさらにモミモミ、
乳化して白濁したモノを顔に伸ばしています。
 
110603-6.JPG  
 
乳化のための界面活性剤関係は使っていません。
この使い方だと、保存料も化粧水に入っている分だけで済みます。
 
 
顔に伸ばして3,4分で馴染むので、余分な油分をティッシュオフ、
自作のミネラルファンデをパタパタしておしまいです。
 
 
酸化チタンは? 酸化亜鉛は?
はい、これには入れていません。
  
理由は、これは「ベース」の位置づけで
その手のモノはミネラルファンデに入れているから、ということと、
もうちょっとブロック力が欲しい時にプラスする
自作の日焼け止めパウダーを作っていて
(使用する時は、ミネラルファンデの前に顔にはたいております)
そちらでも配合しているためです。
 
その日の行動予定に合わせて組み合わせて使っています。
 
 
こんな布陣でも溶接での日焼けからそこそこカバーしてくれているようです。
できればこれ以上シミを増やしたくはない。。。。 
 

|

« アルミのウサギ その8 | トップページ | かわいいチョコレート »

作りたいもの コスメ系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アルミのウサギ その8 | トップページ | かわいいチョコレート »