« Deramweaverの便利 その3 | トップページ | 春の準備 »

自分史上最強の保湿クリーム

110227-4.JPG 暖かくなっては来ましたけど、保湿クリーム無しってのはちょっと無理なので、作りました。
自分で作った中では最強の保湿力を誇るラノリンとザクロオイルのクリーム(バーム)です。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー
10gの容器で 
吸着精製ラノリン 5g
精製ミツロウ 4粒
ザクロオイル 3g

ローズマリーシネオール 2滴
ーーーーーーーーーーーーーーーー
 
ラノリンはそのままでクリームみたいなものです。
ザクロオイルも、とっても濃いカンジのオイルです。
特有の香りもあります。
常温でこの二つ混ぜただけでもかなり濃いカンジのクリーム状です。
 
それにミツロウをちょっとだけ入れて、少し固めることで使いやすくしました。
今回精油はローズマリー、結構意識がはっきりする気分ですね。
もう少し甘めの、マージョラム当たりでも良かったカモです。  
 
 
作り方としては
ラノリンに、ミツロウを入れて、レンジで加熱。
ちょこちょこ様子を見て、楊枝でマゼマゼ。
ラノリンは流動性が低いので
湯煎よりレンジの方が入れたミツロウが溶けやすい気がします。
 
ミツロウが溶けたら(全体が透明になりますよ〜)
ザクロオイル追加、マゼマゼ
精油追加、マゼマゼ
冷蔵庫で固める。
 
もしか、冷凍庫の方が良いカモです。
固まるまでに時間がかかるとミツロウの分布がムラになる気がします。
冷凍庫で早く固めた方が、均一にいくのかもです。
 
 
使うときは、何せ濃い濃いのクリムですからね。
直接塗り込もうとしたら、その方がかえってお肌に負担になりそうです。
ですので、ちょっぴりを(ホントにほんのちょっぴりを)手の平に取って
揉み手をして手のひらに伸ばし、
その手で乾燥を感じる部分にハンドプレスです。
私はこめかみ当たりから目元周辺中心に。
 
ホント、まったく乾燥を感じなくなりました。
 
ラノリンは水分を蓄えるオイルなので
洗顔後、最初にこちらを使い、その後化粧水、日焼け止めにしていま〜す。
 
 
ちなみに、ラノリンは
人間の皮膚から分泌(自然保護作用)される天然の脂分に非常に似ており、
人の皮膚の脂分に適合する
唯一の動物性オイルだそうです。
 
ザクロオイルは
保湿成分である「プニカ酸」が76%含まれており
乾燥などからくる大人の女性の様々な肌トラブルをケアするといわれ
エイジングケアダントツのオイルだそーで〜す。
 
    

|

« Deramweaverの便利 その3 | トップページ | 春の準備 »

作りたいもの コスメ系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Deramweaverの便利 その3 | トップページ | 春の準備 »