« 凍ってます。 | トップページ | 家庭菜園場 »

Macのタイムマシン

101225.JPG土手が凍って光る道になっていた。
なんかきれいであった。。。

  
そもそもMacが調子が悪くなったのは、
たぶんTimeMachineです。
おそらく、TimeMachineがバックアップ中に、
別問題でフリーズしたことがあったんだろうと思う。
 
  
気がつくと、バックアップの準備を延々とするようになっていたのです。
なんか、整合性がとれなくなると、
準備にすごく時間がかかるようになるそうです。
 
でもね、長すぎ、になっていたのです、
もう付き合いきれないぐらい。
だって4時間も5時間も終了できないんだもの。
仕方なく、強制終了で電源を落とす、、、
というあたりから、挙動不審が増していった気がする。
 
今回、せっかくクタクタになって再インストールですから、
同じ轍を踏むまいと
TimeMachineとの上手い付き合いを探りました。

  
もともと私にとって、
1時間ごとの自動バックアップは、頻繁すぎでもありました。
それで、バックアップの時間調整ができるものとして、
まず、定番らしい、
TimeMachineScheduler
を試しました。
 
こちらアンインストーラーがついているのと、
TimeMachine を停止することを除けば、
システムファイルや環境設定に何ら変更を加えないそうなので。

 
インストールすると、システム環境設定の中に入るのですね。
そんで、アンインストールといっても、
削除する、という感じじゃなくて、停止する、という風でありました。
 
それはそれでいいのだけど、
バックアップする外付けのハードディスクは、マウントが外れます。
 
TimeMachine専用にしているのなら問題ないのでしょうが
別のデータを入れてあったりすると、ちょっと困るわけです。
Photoshopの仮想ディスクにも、使えなくなるし。
 
 
それから、本家のTimeMachineに入って過去データを取りに行くなら、
このTimeMachineSchedulerをアンインストールして、
ディスクユーティリティでハードディスクをマウントして、
もしかしたら、再起動までしないといけないのかも、
(TimeMachineが新しくこのディスク使うの?とか聞いてきた)
って使い勝手で、どうよ?
 
 
皆さん、こんなめんどくさいことして使ってらっしゃるんですか???
 
 
もう一つ、
TimeMachineEditor
というのを見つけました。
 
こちらはアプリーケーションです。
シンプルに、TimeMachineのバックアップするタイミングを設定するだけ。
マウントも外れないし、
さらにTimeMachineがバックアップディスクに使ってますよ〜のアイコンにも変わらない。(ちょっとつまらない)
特に準備も必要なく過去データを取りに行けます。
 
ということで、
しばらくTimeMachineEditorを使ってみようと思いました。
 
進行中の案件は、そのフォルダを
SugarSyncの同期フォルダにしておけば随時バックアップされるので、
TimeMachineは、日に3,4度動いてくれれば十分かなと。
 

何せいくらパソコンがマルチとか出来る系に進化したところで
私などシングルタスク人間なので、
いっぺんにいろいろなんか出来ないのでして、、、ある意味トホホ。
 
 

  

|

« 凍ってます。 | トップページ | 家庭菜園場 »

Macを使ってマス。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 凍ってます。 | トップページ | 家庭菜園場 »