« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

モンステラ その5

101031.JPG あ〜〜〜っ、まったく、時間かかりましたぁ〜

今回この葉っぱが一番大きいのです。
若干大人しめのうねり具合にしたくて
でもね、大きいと、平面的だと変なんです。
何というか、しっくりしないのです。


色々調整しながら、迷いつつ形を探ったのですが、
とりあえずはこのカンジで、暫定としようと思います。

あとは、全体の中で考えませう〜


| | コメント (0)

スイトピー

101030.JPG スイトピーの花を、追加で作ることになりました。
大きな花びら2枚、
小さな花びら2枚
中の方の閉じた花部分を模したパーツ、
といった構成で作っています。
 

何かを作るとき、
どこをデフォルメして強く表現して
どこを簡略化するのかをよく考えます。


手法によって表現できる限界も自ずとあるわけだし
逆にそれは強みでもあると考えています。


でも、鉄は比較的、
どうにでも出来る部分が多い素材だと感じています。


| | コメント (0)

モンステラ その4

101029-2.JPG こちらは素直な感じで


101029-3.JPG こちらはかなり踊っちゃってるカンジで


そういえば、夏に母親から
「あら、結構腕が太いのねぇ〜」
と、言われたことを思い出した。


そりゃ、仕方ないですわよ、おかあちゃま、
私の仕事、肉体労働ですもの、、、汗だくだぁ。。。

| | コメント (0)

モンステラ その3

101028-1.JPG 最近はそれなりに寒くなってきたのに、汗だくだぁ。。。。
バーナーで炙ってるけど、結構暑いぞ。


101028-2.JPG でも、穴ぼこのいっぱい空いた葉っぱって、作りたかったんだよね〜ん。
ふっふっふっ〜ん。。。。


| | コメント (0)

モンステラ その2

101027.JPG切り出したモンステラの葉は、全体を鍛造して、
ざっくりと表情を付けていきます。
大きいので結構時間がかかってしまうぅ~

モンステラはラテン語で怪物だそうです。
名前は物騒ですけど、比較的育てやすいらしいですよ。


101027-2.JPG ところでヨリさんなんですが、すっかり元気がない様子。
(って、領収書の上に乗らないの! 片付かないでしょっ)

かわいがってくれていた義母が帰ってから
母の居た部屋で夜鳴きしたり
オコタの母の居た場所でじっとして動かないで居たり
なんだか、がっかりしてしまっているみたい。。。
 
そりゃぁそうだよなぁ、、、と、相方。
一時間も撫でさせたり、(撫でられるの大好き)
至れり尽くせりだったもの~~~
だそうで、まあ、ホントそうなんだけど。。。

でも、やっぱちょっと、気の毒なヨリさんです。


| | コメント (0)

シャクナゲ その10

101026-2.JPG
シャクナゲの組み上げに入っています。
葉の大きさをチェック、茎の長さを確認です。

101026-1.JPG 葉の並びを検討します。
花のウェーブが強いので、
葉は少し平面的にしようかなぁ、、、、どうしようかなぁ。。。

| | コメント (0)

モンステラ

101025.JPG モンステラを作ります。
葉っぱの形が特徴的で人気のある植物ですよね。

私が初めてこの葉っぱを見たのは
テレビのコマーシャルでした。
画面全面に不思議な葉っぱが写って
なにこれっ?って思ったら
その陰から子供の顔が出てきたような気がします。
ずいぶん昔だぁ。
インパクト、ありましたねぇ。


当時はまだ珍しかったので
本物を見たのはずいぶんたってからでした。
最近ではホームセンターのグリーンコーナーでも売ってますね。

葉の切れ込みは色々バラエティに富むようで
一株の中でも変化があるようです。


今回は、切れ込みの深いタイプを中心に作る予定です。

| | コメント (0)

シャクナゲ その9

101024.JPG 葉っぱ制作中です。
赤仕上げを多く使おうかと計画しました。
結構色を残せました。
でも、まだ溶接が入るので、どこまで残せるかなぁ。
熱がかかると、黒くなっていってしまうんですね


それに、最終的に塗装すると濡れたカンジに仕上がるので
彩度はグッと抑えた色味になります。
ちょっと残念な気も、ただ、その辺は好みの問題ですけどね。


どのみち、このままで不変と言うことは無理なので
時間経過に伴う再酸化で茶変していくのを容認するのか、
しかも、触れば手に錆付いちゃうしー
半艶クリア塗装で留めるか、
どちらにするかってことになるわけで
大概、と言うか、ほぼ、塗装です。   


私的には、赤仕上げは結構好きです。
なんか、鉄にすごく手仕事の味が残る気がする。
それから、何となく日本的なテイストを感じてしまう。



| | コメント (0)

シャクナゲ その8

101023.JPG 仮組です。
とにかく組み立てていかないとわかんないので
見切りで組み立てを始めます。

雌しべに上下があるので
それだけ間違えないように気をつけました。


花部分のボリュームがつかめたので
やっと葉っぱのサイズが出せますなぁ。

テキトーに同時進行させると
バランスが合ってなかった場合、
やり直しになっちゃうので
手を付けないでいたのです。
 
さぁ、がんばって葉っぱ作りませうっ!


| | コメント (0)

シャクナゲ その7

101022.JPG 花だらけだぁ・・・
シャクナゲって、花いっぱい付いてるからさぁ。。。



101022-2.JPG
帰ってきたら、玄関にパスマットが引きずってあった。
今日はみんとの機嫌が悪かったらしい。

密かにヨリに負けてるんじゃないかと思われる節がある、、、
ヨリさん、なんか強気なんですよ最近、マジで。

みんとの不満の大きさは、引きずってくるものの大きさと数に比例している気がする。。。


| | コメント (0)

シャクナゲ その6

101021-1.JPG さて、このぐるぐる巻きの束は、何になるかというと、



101021-2.JPG 花びらの中心に収まって、花芯になるのです。

やっと花らしくなってきたよ〜

| | コメント (0)

ボタン

bm-P1280266-w.jpg 以前途中をご紹介したボタンです。
大振りで華やかな花になりました。

ところで、日本語変換です。
このところgoogleを使っていたのですが、、、、
「漣」(れん)という漢字を打とうとして、大問題!
お客様が新しくお作りになるお店の名前が「漣」、
ところが、変換できないのですよ!!!!
無いの!!!!


なんでーーーーーーっ!  


相方のメール本文からコピペしても
Illustratiorに表示されない、四角にバッテン入っちゃうっ、目が点っ!


相方は、相変わらずのATOK、何の問題もなく変換できてる。
仕方なくことえり、ちゃんと変換候補に出る。
 
おいっ、、、、
 
 
ちなみに、ちょっと調べました。


れん 【×漣】

[人名用漢字] [音]レン(呉)(漢) [訓]さざなみ
さざなみ。「清漣」
涙が連なって流れるさま。「漣漣

常用・人名 人名用漢字、印刷標準字体漢字配当 配当外漢字水準 第1水準



ちゃんと第1水準じゃん!
この配当外ってのがあやしいのかなぁ、、
それで、後回しにされて、まだ使えないのかなぁ、、、  
 
結局 ATOKの1年パックを買った私。
来年、もっと良くなっていたら、今度こそgoogleにトライ、かな?
無料は魅力 、でも、日本語変換の使い勝手は我慢できないしぃ。。。

| | コメント (0)

スイトピー 完成

bm-P1280416-w.jpg 鉄のスイトピー、台座に付いて、「天の雫」という作品になりました。
台座も鉄です。
どちらも半艶のクリア塗装、色味的には素材の色です。
 
鉄の作品は、基本、素材の色で仕上げることにしています。
塗料で色を付けてしまうと、
中身が鉄でもアクリルでも、
見た目あまり変わらなくなってしまうので
鉄で作る意味がなくなってしまうように感じるからです。
 
鉄は、とても色の幅のある素材なので
素材の色だけでも結構楽しめますよ〜。
 
まあ、ビビットなピンクとかがご所望の場合、
ご期待に添うのはチト無理がございますなぁ。。。

| | コメント (0)

101018.JPG ひざ痛対策で、近く、っていっても坂戸だから隣町って感じかしら、温泉施設につかりに行きました。

こちらのお湯は黄色くて、
ジェットバスでよくほぐして暖めると、
足が軽くなってとても楽になります。

もっと近くに別の温泉施設があるのですが、
ここのお湯がなんとなく気に行っていて定番になっております。
 

| | コメント (0)

シャクナゲ その5

101017-1.JPG 花びらのパーツをですね、赤くするわけですよ。
こうやってバーナーの火で炙りましてね。

101017-2.JPG そんでもって、ハンマーで叩いていくのです。
いっこいっこ丁寧にね。
 
 
101017-3.JPG だから〜
なかなか必要な枚数は出来上がらないんです。
も〜、チョー地味なんだからァ。。。。。


| | コメント (0)

整体 2回目

101015-1.JPG メドゥセージが綺麗です。
この青が好きで以前庭に植えたのだけど、
どうやらチェリーセージ、赤い花が咲きました。
この花はアトリエ近くの道端。
 
今日、首の矯正、2回目でした。
なんだか、頭が全くすっかり体の真ん中に乗ってる感じがしています。
左右足の体重の乗り方は、均等になっていました。
膝は劇的に良いわけではないですが、
腫れが出なくなっていますね。

首の付け根の位置を正しくすると、
ほんとに体ってバランスが変わるんだなぁと感じます。

最初、左足がすごく長い状態だったんですが
今はむしろ右が長いぐらい。
骨盤の傾きに変化が起きてるようで
腰周辺の筋肉の動きが以前と違ってるのが分かります。
 
学生の頃、人体デッサンやスケッチで
人間の体は左右均等ではないから
肩は左右のどちらかが高く
腰は逆になるものだと、教えられた気がするのですが、
それって、ダメなんじゃん!
 
肩の高さが違うのは、直したほうがいいことだったようです。

| | コメント (0)

シャクナゲ その4

101015-2.JPG 花びら、まだ1/3。
裏側がとても赤い。
でもこの色味はこの先の工程でかなりなくなってしまうと思われる。
残念だけど、このまま残すのは無理だなぁ。

新刊ラジオでおなじみの勝間和代さんの本を古本屋さんで見つけて
350円だったので買ってみた。
 
大体私は流行りものには疎くて、
彼女のことも香山リカさんの本の広告に
「勝間和代を目指さない」という一文を見つけ、誰?
というぐらいで、
そのうち何度かお名前を拝見するようになり
ちょっと興味を持って、
そんでもって2ちゃんねるのヒロユキさんとの対談をユーチューブで見て
まぁ、いいかぁ、と思い、そのままでした。


拝読した「効率が10倍アップする新・知的生産術」は
Amazonの書評にあるツッコミ
(2000円以上の本じゃないとあまり価値がないっていっても、この本自体1500円じゃん、
結局は自分の話かい、等)
は、まぁ、確かに、なんですけど、
自分のOSをアップデートする、という考え方は、へぇ〜
 
以前、文科系トークラジオで車が話題の時
車と自分がシンクロするっていう表現があって
うわぁ〜、エヴァンゲリオンっちっくーっ、って思ったりした。
 
ともかく、ビジネス系の友人が近くにいないのでちょっと新鮮でした。  
 
 

| | コメント (0)

シャクナゲ その3

101014.JPG シャクナゲの花びらを準備します。
そこそこの枚数なので、これだけで結構お仕事ですな。
そんでもって、これ全部叩いて表情をつけないと始まらない。。。
形になるまで、まだかかりますなぁーーーぁ。
 
このへんは単純作業に近いので、ポッドキャストを聞きながらやっております。
最近のお気に入りは「新刊ラジオ」
アーカイブがいっぱいあるので、ずっと流しで聞ける。
のだけど、そろそろ全部聞き終わりそうな勢い。
なんか、自己啓発の本とか、気になるようになってしまった。
 
 

| | コメント (0)

欲求不満

101013-1.JPG みんとの欲求不満が止まりません。
ヨリが義母にべったりで、義母のいる和室はどちらかと言えばみんとの縄張りだったのですが、
すっかりヨリに取られちゃった格好。
日頃からよりの甘え上手にヤキモチを焼いていたのが、もう実力行使の段階に移ってきてしまいました。
みんとったらヨリをポコポコ叩くのですよ。
困ったことに。
 
ヨリは攻撃性がないので喧嘩にはならないで済んでいるのですが、
決していい関係ではないわけです。

また、ヨリが人間の威を借りるというか
お義母さんの威を借りるというか、得意げなもんだから、まったくぅ。。。



遊んで欲しくて袋の中に無理やり入り込みました。
袋とかバッグとかに入ると遊んでもらえると信じているのです。
そして遊びはじめたら、、、

101013-2.JPG珍しいことに、近くにあった箱にヨリが入り込みました。
なんか、入ると遊んでもらえると学習したようです。。。  


| | コメント (0)

シャクナゲ その2

101012.JPG シャクナゲの花部分を試作しました。
大きさはいい感じです。
雄しべは、実物ではもっと存在感があるのですが
花がたくさんつくので、うるさくなりそうな気がしており
このぐらいの控えめでいこうかと考えています。
花弁は6枚ハギがバランスが良いようです。

このところ、ちょっとおつかれモードで
なんか、唇にヘルペスが出来てきてしまった。
よく、風邪引いた時とかにできちゃいますよね。

抵抗力が落ちてるんだなぁ、って、思ってたんですが
最近、ちょっと違うことを聞きました。
何でもヘルペスたちは、
宿主が弱ると、こいつといると危ないんじゃない?って唇あたりに集まってきて
別の宿主を見つけようとしているらしい。。。。
なんじゃ、それっ!
 
ヘルペスに見限られそうになっているということかい?
なんとなく、情けない気分になっております。。。
 

| | コメント (0)

スイトピー その4

101011.JPG やすり掛けしてブラシで磨いて
ベースに合わせて一番いい長さを見つけて茎を切り
花の個数を決定して、根元を溶接してまとめます。
 
パーツを作品に組み上げるのは、
実作業は少なくても、試行錯誤とテストの繰り返しで
いつもとても時間がかかってしまいます。
 
いろいろ工夫しても、この時間はなかなか短くできないです。
もっと感覚を磨いて、直感的にパンパン決めていけるようになりたいものだ。
そしてその決定があとから眺めても完璧だったら、ホントにいいのになぁ。。。
 
 
101009-2.JPG このコは鉄ゾウ。
鼻の下の長い、ムンという表情は結構気にいていたりして。
なんか、ゾウのくせに小股でチョコチョコ歩きそうな気がする。
実際は足は動かないんだけどね。
鼻は動くよ。
 
 

| | コメント (0)

スイトピー その3

101009.JPG 茎もついたスイトピーたちです。
花びらが薄いので、
溶接してまとめるのがちょっと大変でした。
 
すぐに穴が開いちゃうし、
でもちゃんと付けないと、ちょっと花びら動かしただけで取れちゃうし、
溶接しすぎると接点周辺の鉄が熱で痩せて、
逆にパーツは取れやすくなってしまうし。
 
吹管を新しくしたばかりなので、
微妙な火の調節のクセが違っていて、というか、
若干熱が強く出るようで
そのへんもちょっと難しかった。

  
ところで、Googleの日本語入力、使ってみました。
長年Atolkなのですが、
一年のダウンロードタイプの期限が切れたのを機会に
試してみようかなぁと。
何度となくことえりに挑戦してはどうも慣れられずのいたのですが、
こちらは結構良いのです。
当然ない機能はありますが、 私には十分みたいで、
逆に使いやすいところもあったりして

もう、こっちにしちゃうか、、て感じであります。
 
ジャストシステムも大変だろうなぁ、なんて思ったりして。
無料だもの。。。。

| | コメント (0)

スイトピー その2

101009-4.JPG 先だってパーツだったものが花になりました。
組み上げた直後は形のバランスが悪い場合があるので、
熱をかけながら修正します。
 
ウィキによると
中世までは雑草扱いだったとか、
松田聖子の「赤いスイトピー」が流行っところは、まだ赤いスイトピーがなかったとか
ちょっと意外な面がありますね。
可憐な花なのに豆と莢に毒があることも、って、
そういえば、可憐なすずらんも毒があるな。
 

101009-1.JPG などと、ペンギンたちが話していたわけではありません、ってね。
 
   

| | コメント (0)

定期検査

101008.JPG 三鷹に住んでいた時から、
婦人科の定期検査で武蔵野赤十字病院へ通っています。
間隔が半年以上一年未満に一度ということなので、
予約はできず、
受付では初診料がかかるかもしれないと説明されます。

一応定期検査なので 初診料を請求されたことはないのですが、
もう、三鷹の住人ではなくなっていることもあり、
なんとなく、行きづらくなってきますね。
ホームドクターからの紹介状を持ってきて欲しいと、
あちこちに看板立ってるし。
でも、ホームドクターなんて、ないしなぁ。
 
実際行くだけで2時間以上というのは負担ではあるのです。
一年に一度、検査して結果を聞きに行って、それだけなんだけど。
大体、都内での用事とカップリングしております。
ただ、病院としては信頼できる感じがあるわけで、
近所の個人医に掛かっていて
手遅れになった人を何人か知っているし、、、
 
相方の母君が来たので、猫たちは大喜びです。
チョコに特等席を取られたヨリは、ちょっといじけモードであります。
 
 

| | コメント (0)

買い物

101007-1.JPG このところ買い物に出られなかったこともあり、
冷蔵庫がすかすかになってしまって、
やっとこさ、ピオニーへ行きました。
 
スーパーは、アピタが入っています。
売り場面積が小振りなことと、
日用品もお酒も一緒に売っていることもあって、
便利ですが、種類は限られるようでイマイチ。

でも、専門店で、カルディがあるので、
ちょっとマニアックなものはこちらで買える。
とあって、最近は良く来るようになりました。
 
ところで、向かい側のブロック、
来春に服飾系のお店がオープンするとの看板
でも、いまだ着工する気配もなく・・・?
春に間に合うのか?
最近はそんなに工期が短くて大丈夫なんだぁ。。。

101007-2.JPG 戻ったらみんとがバックの中に。
一緒に行きたかったようです。
 
 

| | コメント (0)

天下太平

101006.JPG ヨリさんの甘えん坊がとどまるところを知りません。
今日もどっぶりデスクワークなんですが、
場所を移動するたびについて回るベタベタです。
 
キーボードの上をドカドカ歩くから
ファイルの名前は変えちゃうし、
DVDは出しちゃうし、
Front Rowを立ち上げて
Dashboardを全面にし、
挙げ句の果てに表計算の計算式を勝手に帰る始末で、とほほ。。。
やりたい放題。
 
そんなに心配しなくても
だれも今更見捨てたりしないからって、さぁ。

| | コメント (0)

おねだりネコ

101005.JPG 今日は一日デスクワークだったのですが、
ニャンコが入れ替わり立ち替わり、
なでろー、遊べー、ご飯ーと、
うるさいこと、うるさいこと。
 
留守番中、微妙にご飯が足らなかったらしく
ヨリさんは、
「見捨てないで下さいぃ・・・」と、絶えず頭をこすりつけてくる。

お手をするとご飯が出てくると思っているみんとは、お手しまくり。。。
 
そんな中、何となくこそこそしている挙動不審のチョコちゃん。
たぶん、食料庫からなんか持ち出して、隠してるんじゃないかと、
家庭内野良猫全開の気配。。。
 
チョコちゃん隠れ家、見つけ出さなくっちゃなぁ〜
 
 
 

| | コメント (0)

薪ストーブ in 清里

101004-1.JPG 種綿さんの薪ストーブはバーモントキャスティングのイントレピット2。
アメリカ製の鋳物で重さ100キロぐらいあるようです。
分解しながら機構を見せていただきました。
 
割と小振り。
アメリカでは排ガス規制があり、これは触媒を使って完全燃焼させるタイプ。
機構は複雑な方だそうです。
 
101004-2.JPG 外装の掃除はカーボンのチューブで磨き、
落ち着いたキレイな艶でした。

101004-3.JPG
種綿さんの紹介で、
ランドスケープデザイン・ガーデンデザインの中谷さんを訪ねて
ヨツールのキッチンストーブを見せていただきました。
ゲストハウスに設置されていました。
 
かわいいっ!!!!
なんて素敵なデザイン!
話しには聞いていましたが、こんなに魅力的とはっ、脱帽〜
フィンランド製でこの形はほとんど国内では手に入らないそうです。
 
オーブン部分は180度ぐらいで安定するそうで
ケーキなどにはちょうど良い。
ピザにはちと足らない。
220度、240度ぐらいまで上げることも出来るそうですが
もう、部屋が暑くなっちゃって困ってしまうとか。
 
何でも2000年問題対策でアメリカが随分輸入したようですが、
あまり売れなかったとか。
 
それにしても、ん〜、こんなのほしーっ 

101004-4.JPG 中谷さん母屋にもヨツール。
このカタチは世界で一番売れた薪ストーブだそうです。
とても燃費がいいと、奥様の談でした。
 
やはりアメリカ製とヨーロッパ製、デザインの感じが違いますね。
アメリカ車とヨーロッパ車の違いみたいな印象。
 
ちなみに、ヨツールはほとんど故障がなく、
バーモントキャスティングはつまみが折れたりとか、細部に難の出る場合があるそうです。
 
101004-5.JPG こちら、清里、プチホテル、オールドエイジの、ヨツール。
ガラス面が大きいので、炎を見て楽しむことが出来るタイプです。
 
説明してくださっている調所さんも、炎の見える薪ストーブをお持ちです。
ちなみにバーモントキャスティング。
 
 
建築家の方は、設計では暖炉がお好きで、ストーブ派はほとんどいらっしゃらないとか。
 
でも、実際寒冷地で生活に暖としての用途の場合、
断然、暖炉より薪ストーブだと、
暖炉は、雰囲気はあるけどあたたかくない、と皆さん、口をそろえます。
薪ストーブは、暖かくて安全、とおっしゃいます。 
薪の手に入りやすい環境ならではの贅沢かなぁ。。。
 

| | コメント (0)

スイトピー

101003-1.JPG鉄でスイトピーを作る準備です。
 
どんな風になるかはお楽しみです。
グラインダー回しっぱなしでくらくらするぅ。。。
 
 
ところで、今日は午後清里へ向かしました。
家具・オルゴール職人の多音多工房、種綿さんに
薪ストーブを見せてもらう約束で
もう火を入れる時期なので、その前にお伺いしないと
来年になってしまうのです。
なんだかいつも何かとぎりぎりなんだよなぁ。
反省、何とか改善したいものだ。

101003-2.JPG  
そして久々に、メイフェアの調所夫妻にもお会いできました。

 
 

| | コメント (0)

テツグルミ その8

101002.JPG コアラの足の裏、塞ぎました。
刻印も足の裏にしました。
 
私の刻印は、三角を二つ並べてMをデザインしています。
テツグルミの場合、しっぽに入れる場合も多いです。
 
   

| | コメント (0)

恩師宅訪問

101001.JPG かねてからの約束で、友人と高校の恩師を訪ねました。
先生は、妖怪のように年を取っていなかった。
あやかりたい。
 
退職後、日本語教師として中国へ行っておられました。
中国でのこととか、興味深かったです。
 
写真は友人よりもらった歯ブラシ。
なんか、お菓子みたいでキレイだぁ。
 
 

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »