« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

テツグルミ その7

100930-1.JPG このコは全体的にぷっくり仕上がりました。
ボタン飾りは最後に付けます。
全体の雰囲気を締めるために、いろいろなナットなどで検討して決めています。
だから、それぞれ違ったボタンが付くことになります。
ボタン用に買って置いたナットで、いまだ出番のないものもあったりします。
 
 
ところで、今日は夜半に都内で打ち合わせが決まっていました。
smartで向かったのですが、、、
 
100930-2.JPG なんとパンク!
スタンドでタイヤを外してもらって見てみると
大きなカッターの刃が刺さってました−!
釘ならともかく、何でカーターの刃なのよ!!!
 
100930-3.JPG
とにかく打ち合わせには行かなきゃならないし、
一か八か、パンク修理をしてもらって慎重に走ることに。
結局は、おっかなびっくり予定をこなして、家まで帰ってこられました、とほほ。
スペアタイヤ、無理矢理積んでないと怖いかも。。。
 
   

| | コメント (0)

テツグルミ その6

100929.JPG コアラの手足は小さなボルトナットで留めています。
ナットの方を溶接して緩まないようにします。
 
昨日のカイロプラティック、なんだか効いてしまって、、、
一時的な好転反応のようなものが出るかもしれないと、聞いていたのですが、
耳鳴り(いつもあるんですけどね)がひどくなって、
なんだか車に酔っているようなふわふわした感じがして
意識の中心と、身体のセンターがずれてる感じで
頭がくらくらしちゃって、、、、
 
今日になって右半身が神経痛、右肩は五十肩に近い痛みもあり
はて、困ったかなぁ、、、って
でも、動いていたらだんだん大丈夫になってきました。
 
歩く時の脚の感じが違いますね。
右足の筋肉をすごく使って歩く気がする。
 
何度か通って処置してもらったら、体調に変化はありそうな予感であります。
膝、改善してほしいなぁ。
 
   

| | コメント (0)

整体?

100928-1.JPG 一般に言う整体とはちょっと違うのかもしれません。
私は整体にかかったことがなかったので、その辺はよく知りません。
 
こちら、相方がかかって、良いみたいだと言うことで、私もお願いしました。
そもそもは、大泉に住む友人の紹介です。
お医者の説明に常々納得できない相方が、説明がよくわかったと、
めずらしいことを申しまして、でして。
 
このところ、毎年寒くなると膝痛に悩まされるので、
改善してくれればと思ったわけです。
 
現在の体の状態を確認した後に、施術は首のみです。
驚いたことに、私、すっっごく左肩が下がってました。
自分ではわかっていなかった。
ウチでは相方の左右の方の高さが違うのは昔からの案件で
なんとかした方が良いよねと、何度となく話に出てはいたのですが
むしろ、相方より、私の方が症状はひどかったのかも、です。
 
施術していただいた後は、首をあまり動かさないように安静に、と言うことなので、
今日はヘルメットかぶらない方が良いだろうと、
延び延びになっていた、みんとの予防接種をこなしてしまうことにしました。
    
そうです、ニャンコのいる方はご存じですよね、
病院へ連れて行くのは、結構骨が折れます。
 
みんとはバックに入ること自体はあまりいやがらないのですが
車が動き出したら、中で大暴れ!
バックのままひっくり返して、ギャーギャー鳴きながらゴロンゴロン
とうとう抜け出して、こともあろうか運転中の足下に潜り込んで、まーーーーっ!
床に爪立ててへばりつく5キロ強の巨体を
ハンドルに頭ぶつけながら引っぺがしてバッグに詰め込んで、
もー、安静も減った暮れもあったモンじゃないっ!
 
病院でも診察台の上に、
乗せても乗せてもバックに戻っちゃうから
先生に、もーバックのままでいいから、そのまま打ちましょ、っていわれて
バッグごと診察台に乗せて、やっと注射してもらえました。
 
ところが帰りは、居るの?ってぐらい車の中で大人しいわけです、何なのよ!
 
100928-2.JPG  うちに帰ったらケロッとして、全く人騒がせなんだから。。。
 
 

| | コメント (0)

テツグルミ その5

100927.JPG 型紙を調整して、さらにコアラの頭です。
 
型紙を使っているとはいえ、
一個一個プラズマ手切りですから
まずそこでかなりパーツに個性(?)が生まれてしまいます。
 
さらに叩いてどれもが同じ曲面に作れるわけではないし
それぞれ四苦八苦してカタチにまとめるので
できあがってくると、
似てるけど、ちょっと違う
親戚一同が集まって、
一族として似てるけど、それぞれ個性的、
ってなかんじになってくるのです。
 
パーツをデータ入稿したものを レーザーとかで作れば
もっと正確(?)に作ることも出来るようになるかもしれません。
でも、それが、いいか、わかりません。
 
今の作り方は時間がかかるし、
慣れてもあまり早くはならないし
でも、作る喜びがいっぱいありますな。
 
いつも今作っているのが過去最高でかわいくなるはず!と信じているのですが
できあがると、今度こそ!と思うわけであります。
 
 

| | コメント (0)

テツグルミ その4

100926.JPG コアラです。
足の裏、ふさがってないですが、コアラなんです。
 
手足と首が動きます。
このあたりは、テディベアを踏襲です。
目玉は袋ナット。
手前のコは、ボタンにハードロックナット(?)を使ってみたのですが
溶接中にオイルかなにかがしみ出してきて、ちょっとびっくり。
私、形状しか見ないで買ってちゃうので
いろいろわかってなかったりするんですよね。
 
それにしても、ついこの前まであんなに暑かったのに
冬が射程距離のような雰囲気で、
正直ついて行けてません。
 
 

| | コメント (0)

テツグルミ その3

100925.JPG ちょっと立体になりました。
頭が平たすぎたかしら。
随分隙間があるって?
気にしません。
だって、縫い目がはち切れそうなイメージですから。
目鼻耳が付くと、コアラっぽくなりますから。
 
ちっとも進まない?
そりゃ、これだけやってるわけではないので、って汗っ
 
 

| | コメント (0)

シャクナゲ

100924.JPG シャクナゲを作る準備をしています。
とても華やかな花ですよね。
ツツジに似た花が集まってトーチのように咲きます。
 
ツツジは花びらが根本で繋がって筒状になっています。
シャクナゲも同じタイプなので、
筒状の所をどうしようかなぁと思っていました。
 
あれこれ写真を集めてみたら、
花弁が5枚に割れているもの、7枚、8枚に割れているもの
いろいろあるようです。
そして、5枚のものはほぼツツジなので
筒状になっていないと不自然に見えるのですが
7枚8枚タイプだと、花びら部分が混んでいるので
根本で繋がっていなくても、
あまり気にならなそうな形状だとわかりました。
なので、7枚8枚で試作に取りかかろうと決めました。
 
 
作り始める前に、たくさん写真を集めます。
ネット様様ですな、図書館行かなくてOK。
容量の大きなものをチョイスして
A4程度にプリントアウトして
アトリエの壁面に張り出します。
眺めながら、ああしよう、こうしよう、と考えるのは
結構ワクワクします。
 
 

| | コメント (0)

テツグルミ その2

100923-1.JPG ちょっと膨らみを付けました。
 
型紙はいつも改良中で、
前回作って直した部分を検証して、
また修正してと、なかなか完成形に至らないです。
いつも、今度こそ!と思うんですが
やっぱり変えたい部分が見つかってしまう。
 

100923-2.JPG 新しい吹管が届きました。
新品はきれいだなぁ〜
 
 
 

| | コメント (0)

テツグルミ その1

100922.JPG 鉄でぬいぐるみのようなオブジェを作ります。
テツグルミと名前を付けました。
ぬいぐるみのように、型紙を作って
それに合わせて鉄板からパーツを切り出し
三次曲面に叩きだして
(というと、なんか立派な作業に聞こえる気がする)
縫い目がはち切れそうなイメージに溶接して組み立てます。
 
写真のパーツは、コアラの一部になる予定。
 

| | コメント (0)

洗車

100921.JPG
往復1200キロ、行きは9時間、帰りは12時間
和歌山とんぼ返りは遠かったですなぁ。
結構渋滞もあったし。
 
相方は、こんな距離を一気に走るのはバハ1000以来と申しておりました。
smartは虫だらけ、なので洗車であります。
そんでもって、なにやらファンベルトにあやしき音?
ちょっと心配。。。
 
小さい車ですけど、座席周辺は軽というより乗用車の空間に近く、
(実際ウチのは乗用車登録、ホイルベースの関係らしいです)
以外と疲れは少ない気がします。
ちょこっとの荷物スペースが、見た目より荷物が積めることもあり
とても使い勝手がよいです。
燃費も20キロ程度から、良い時は28キロぐらいと
プリウスと良い勝負?
 
ジュエリーデザイナーの重田さんから譲ってもらったのですが
とても気に入っております。
 
 

| | コメント (0)

亀山です。

image1344865189.jpg
和歌山からのとんぼ返り、
ちょっと休憩、
どっかにシャープの工場があるのでしょうね、ここからはわかんないけど。

11月に二人展をさせていただく和歌山のギャラリーには、
うちの二女と同じチョコちゃんという黒いワンコがいました。
可愛かった~

えっ、和歌山の写真?
撮り忘れちゃって、トホホ。。

| | コメント (0)

出発

image445287321.jpg
夜更けですが、出発です。
何処へって、和歌山です。
埼玉からはちとありますね…
気をつけて行きませう。

| | コメント (0)

椅子のオブジェ

100918.JPG
ロッキングチェアーのつもり、です。
子供の頃、あこがれました。
絵本の中とかで、
おばあちゃんが暖炉の前で編み物しながら腰掛けてるイメージ。
 
でもいざ買う? とか思うと
腰に悪くないのだろうか、と考えちゃう悲しきお年頃であります。
場所取るしなぁ、とか、
床が大丈夫かなぁ、とか、
あぁあ〜、なんでこんなに現実的なんでしょっ。。。
 
 
ガス溶接の吹管が壊れちゃいました。
とほほです。
中のニードルが折れちゃったんですね。
それでなくても、なにかと作業が遅れがちなのに。
(昨日は台所水びだし事件だったし)

最近は流行らない技術と見えて
好きなタイプはなかなか売っていないみたい。
 
今年はコイケイチ、あるのかしらん。
 
 
   

| | コメント (0)

椅子のオブジェ

100917.JPG
いくつか椅子が組み上がってきました。
 
椅子たちには名前が付いています。
背もたれと座面の関係で、同じ名前にしていますが、
翼の位置は、それぞれ違ったりしています。
翼は最後に付けるので、
個々、一番しっくりする場所が微妙に違ったりするわけです。
 
手法はアセチレンのガス溶接で
今回は2ミリの鍛造棒と2.3ミリ厚のパーツが多いので
吹管は50番。
錆板に窯変みたいな焼けの変化が出ています。

 
手前左より
飛ぶことにあこがれる椅子
飛ぶことを考える椅子
 
奥左より
飛ぶことを夢見る椅子
飛ぶことを計画する椅子
飛ぶ夢に踊る椅子
 
 
 

| | コメント (0)

椅子のオブジェ

100916.JPG
小さな椅子のオブジェです。
できあがり予定は高さ16cmぐらいかな。
こんな大きさの椅子をよく作っています。
 
椅子って、居場所や地位の暗喩だったりしますよね。
玉座だったり、会社のポストとか。
食卓の椅子、学校の椅子、待合室の椅子、様々な椅子に腰掛けてきて
まだ、これからもいろいろな椅子に座るんだろうな。
 
この小さな椅子は、こころを座らせるための椅子です。
心が疲れた時に、ちょこっと乗せて休ませるためです。
安心してこころを座らせられる所って、結構むずかしいです。
完成すると小さな翼を持ちます。
ちょっと元気になったら、ちゃんと飛び立てるように助けるためです。

「翼あるもの」というシリーズ。
 
実際は、このプロポーションで実寸だと、座るの大変です。
人間工学とか、全然なっちゃないです。
でも、このバランスが気に入っています。
 
 
 

| | コメント (0)

ヘリコニア その4

100915.JPG
葉の方もパーツが出来てきました。
植物部分の見通しが立ったので
次ははベースの製作に入ります。
 
ちなみに、ヘリコニアとストレリチアの名前を取り違えておりました。
お恥ずかし。
ストレリチアの花はだんだんになりません。
こちら、上向きに咲くヘリコニアでした。
下向きに咲く方が有名かもしれませんね。
 
 

| | コメント (0)

ヘリコニア その3

100914.JPG
茎の太さが決まったので、必要な分を準備します。
ラインに対して鎚目をちょっと深く入れて、 はかない線のイメージが、でるかなぁ・・・
線画でスケッチした時に、線画少しぶれるような雰囲気を目指しているのですが、
その辺はもっと進まないと、狙った効果が感じられるか、
判断できないのがちょっとツライ。
 
葉の中心ラインをしっかり感じられるのは、うまくいっているかな、今のところ。
 
 

| | コメント (0)

ヘリコニア その2

100912.JPG
茎の太さを確認するために、仮付けして、花に添えてみました。
若干華奢かしらと思ったりしたのですが、コレでいけそうな気がしています。
引き続き、残りの葉にも仮付けして、確認してみようと思っています。
 
ヘリコニアはとてもポピュラーな観葉植物なので、名前を知らなくても見たことのある方は多いと思います。

今回はつぼみ状態の、ストイックな姿にしようと思っています。
 
 
  

| | コメント (0)

ヘリコニア その1


100911-1.JPG

ヘリコニアを作っています。
大きめの葉は、センターの葉脈ラインを強く感じさせるフォルムを試してみようと思います。
今まで、あまりやっていないタイプ。
でも、今回はこのカンジでまとめてみたいのだ、と方針を立てました。
治具を調整したり、時間もかかりますけど、うまくいくことを願って、汗だくになってます。
っていうか、ホントいつまで暑いんでしょ。
汗が目に入ってうっとうしい日々。

100911-2.JPG

アトリエの中に蔓が伸びてきました。
なんか、けなげでそのまま生やしています。
でも、いずれはどうにかせんといかんのだろうなぁ。。。

 

 

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »