« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

鉄の麒麟 その47

Bm-090210-Ca3A0044-B

本体と合わせてみました。
口の空きは若干控えめですが、これぐらいにしておこうかと思います。
歯は全部犬歯にしました。
麒麟は頭は羊だそうで、羊だと犬歯は無いことになるかと思うのですが、魔除けの力を強く出したかったので、魔を食いちぎる力強さを持つことを願っています。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その46

Bm-090210-Ca3A0042-B

あごを合わせてこんなカンジ。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その45

Bm-090210-Ca3A0037-B

下の歯も仮溶接。
かみ合わせがかち合わないように位置を見てあります。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その44

Bm-090210-Ca3A0035-B

上の歯を仮溶接。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その43

Bm-090210-Ca3A0034-B

そして、歯。
牙ですね。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その42

Bm-090207-Ca3A0028-B市下あごにも歯茎を取り付け、あごと後頭部の重なりを仮付けしました。あごの出を調整するために別パーツにしてあります。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その41

Bm-090207-Ca3A0026-W

上あごに仮溶接、なんかアジの干物みたいな写真。。。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その40

Bm-090207-Ca3A0020-W

では、口の中に手を付けることにします。
まずは歯茎を作ります。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その39

Bm-20090201-Ca3A0022-W

角、耳、目を合わせてみます。
こちらの頭部の方が「この世のものではない」感を出せそうな気がしてきました。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その38

Bm-20090128-Ca3A0014-W

耳も厚みを変えて作り直します。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その37

Bm-20090123-Ca3A0019-W

口はあまり開きすぎない方が良いのかなと思っているので、このぐらいで進めてみることにします。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その36

Bm-20090128-Ca3A0009-W

ハンマートーンを付けて、なじむように曲げます。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その35

Bm-20090123-Ca3A0017-W

頭部をふさぐものと、アゴのパーツを作ります。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その34

Bm-20090121-P1140510-W

ザックリ合わせてみました。
全体としてしっくりしてきたかな。
こちらの方が可能性を感じますなぁ。
ちょっとこちらで進めてみることにします。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その33

Bm-20090121-Ca3A0016-W

空洞感がなじまないと感じていたので、今度は板厚も4.5mmにして、胴体の蛇腹部分と近いハンマートーンを付けてみました。
全体の重量を抑える意図もあって薄板を使っていましたが、そこに無理があるのかもしれないので、このカンジを試してみようと思います。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その32

Bm-20090121-Ca3A0013-W

視点を変えて、全然違うカタチを検討してみることに。
こんなものをテストです。
 
まぁ、じっと見てても解決しないので。。。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その31

Bm-090204-Ca3A0001-W

ザックリ合わせてみます。
スケッチのボリュームとしては、こっちの方が正しい、と思う。
でも、なんか、こう、頭部の空洞感というか、その辺が全体となじんでない気がする。。。
目指してる「キモカワ」とはちょっとズレてるかしら。。。
はて、どうしたものか。
 
基本的にスケッチでいいカンジだった雰囲気というのは、感覚として正しい場合が多い、です、経験上。
なので、スケッチはかなり大事に考えています。
この頭部のカタチは、結構スケッチに沿っています。
なのですが。。。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その30

Bm-20090120-Ca3A0011-W

こんなものになりました。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その29

Bm-20090120-Ca3A0009-W

こんなカタチで試してみることにしました。
うまくいきますでしょうか。。。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その28

bm-20090119-CA3A0001-w.jpg
さて、どうにも頭部のボリュームを間違っている気がするので、
頭部を作り替えてみようと思います。
スケッチの雰囲気だと、実際はどんな形がいいのか、
まずは紙で色々テストです。
 
ザックリ手書きしたものをスキャンして
Illustratorで線を整理、印刷して切った貼った。
わざわざIllustratorにするのは、微妙な拡大縮小をする必要が見込まれるからです。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その27

bm-20090118-CA3A0024-w.jpg

合わせてみました。
若干派手になった気がする。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その26

Bm-20081213-P1140066-W

関節部分には鉄線の渦巻きをつけてみようと思っています。
試作なので針金を使用。
熱をかけながら巻いていきます。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その25

Bm-20090116-Ca3A0021-W

そして、フリンジのようなパーツを準備します。
鍛造線の先端を叩いて細くして作りました。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その24

Bm-20090115-Ca3A0018-W

長い鍛造線に熱をかけながら巻き付けていきます。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その23

Bm-20090115-Ca3A0016-W

頭はとりあえず置いておいて、他の部分をもう少し進めることにします。
デザイン画を元に、足パーツのすね部分に鉄線を巻き付けました。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その22

Bm-20090113-Ca3A0013-W

試作したーパーツを並べてみると、、、
なんか、ヒョウキン?
バランスを調整して、色々作り直すようですな。。。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その22

Bm-20090113-Ca3A0010-W

角も大きさ太さの当たり出しが必要なので、いくつか針金でボリュームを作りました。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その21

Bm-081216-001-W

叩いて丸みを持たせて一体化するとこんなカンジだ。
なんか、スズメバチの巣みたいですなぁ。

| | コメント (0)

鉄の麒麟 その20

Bm-081215-Ca3A0079-W

はい、これは何でしょう。

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »