« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

マンション・エントランスの壁面アート その26

Bm-Okp-032-Kao All-001-B
鉄の作品に関しては、地金の色合いを大切にしたいと思っています。なので、全面を黒で塗装するのはあまり好きではありません。
鉄は、かなり色の幅を持つ金属です。
その色幅も魅力だと感じています。

漆細工で、蒔絵や沈金がありますよね。
以前、私はあまり好きではなかったのですが、あれはロウソクの灯りで見るものだと教えられて、その品のよい輝きに目から鱗が落ちたことがありました。
明るくない灯りで見るからこその、蒔絵や沈金の輝きを、今時の結構明るくてよく見えてしまう環境の中で、感じられる雰囲気を醸し出せないものかと、考えながら作りました。

| | コメント (2)

マンション・エントランスの壁面アート その25

Bm-Okp-032-Kao All-004-B
塗装して仮設置したものです。
熔変した部分に枯れた金の色合いがのっているのがわかるでしょうか?
角棒のラインのテクスチャーが雰囲気を締めている気がします。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その24

Bm-P1110512-B
真鍮ブラシで最終的に表面のテクスチャー、色具合を決めていきます。結構力仕事だったりして。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その23

Bm-P1110542-B
高さ関係を壊さないように、短いステイを使ってガス溶接し、一体にしていきます。
溶接位置は、表面への影響を考慮して決めます。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その22

Bm-080608-Ca3A0033-1-B
取り付け上、一体にした方が良い部分は、溶接で組み上げます。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その21

Bm-080609-Ca3A0035-1-B
そして、角棒をプラズマで削いで、こんな材料を準備。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その20

Bm-080608-Ca3A0029-1-B

ちょっと表面を整えて、こんなカンジ。
中心部はもっと真鍮ブラシで磨いて黄色くしようと思います。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その19

Bm-080607-Ca3A0025-B
表面に裏から溶接した影響が出ています。
叩きで作った表面とは、一見して違いがわかります。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その18

Bm-080607-Ca3A0023-B
鉄線を裏面に溶接します。
これで、ちょっとやそっとじゃ曲がらなくなりました。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その17

Bm-080607-Ca3A0021-B
では、裏面から補強の準備に入ります。
今回は4mmの鉄線を使用することにしました。コレは作品のサイズによって違ってきます。
どの程度の長さまで入れるか、表面で検討します。
というのは、表側の表情付けも兼ねているからです。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その16

Bm-080604-Ca3A0019-B
どんどん組み上げていきます。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その15

Bm-080604-Ca3A0012-B
裏からも、しっかり溶接。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その14

Bm-080604-Ca3A0009-B
表側から中心を溶接。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その10

Bm-080604-Ca3A0017-B
組み合わせをもう一度チェック。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その9

Bm-080604-Ca3A0013-B
叩きで甘くなったカタチを修正します。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その8

Bm-080604-Ca3A0008-B
曲面出し完了。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その7

Bm-080604-Ca3A0001-B
自然な柔らかさを目指して、コツコツ、です。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その6

Bm-080604-Ca3A0004-B
さて、今度はバーナーで炙りながら膨らみを付けていきます。
どうも微妙なことは、バーナーの方がやりやすい。コークスだと広い面積温まるので、それが良かったり、邪魔だったりして。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その5

Bm-080602-Ca3A0014-B
も、汗だく。真夏じゃないのが救い。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その4

Bm-080601-Ca3A0012-B
コークスで焼いて叩きます。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その3

Bm-080526-Ca3A0007-B-1
混ざらないように専用トレイで管理、って、当たり前すぎ。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その2

Bm-080526-Ca3A0005-B
ドロスを落として軽く成形です。
叩くとカタチが甘くなり、後でもう一度成形する必要があるので、
この段階では、適度が一番よろしいかと。

| | コメント (0)

マンション・エントランスの壁面アート その1

Bm-080526-Ca3A0001-B
壁面に取り付ける作品を作ります。
同じようなカタチで、サイズが違うもパーツを準備中。
混ざらないようにするのが、効率よく制作する一番手軽な、でも有効な方策ですかね。
錆板から切り出しなのですが、板の部分によって錆の状態が違うので、ほしいところを切り出すと、結構無駄が出たりして、もったいない気もする。
でも、こんなとこで妥協しても、結局つまらない思いをしそうだし、、、ですなぁ。。。

| | コメント (0)

ショールームのためのアートオブジェ その35

Okp-031-Kas-001-All-004S-B
小振りですが、伸びやかな姿になりました。

| | コメント (0)

ショールームのためのアートオブジェ その34

Bm-080421-Ca3A0072-B
溶断面をキレイにしました。結構重たい。

| | コメント (0)

ショールームのためのアートオブジェ その33

Bm-080421-Ca3A0068-B
ベースの準備です。
50mm厚の板から丸く切り出しておいたパーツを、さらに分解しました。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »