« エントランスオブジェとしてのイス その3 | トップページ | エントランスオブジェとしてのイス その5 »

エントランスオブジェとしてのイス その4

Bm-080327-Ca3A0008-B
さて、羽を準備です。
 
ガスを使うか、コークスを使うか、どっちがいいんでしょうねぇ。
たとえば、叩いた鉄の地の色をそのまま仕上げに生かす場合、ガスの方がキレイに、というか、コントロールしやすいように感じます。
板厚が2.3なので、ガスでもそんなに辛くないのですが、これ以上厚くなると、この大きさあったらコークスの方が断然作業は楽です。
塗装はクリアの予定。
悩ましいところですが、ガスでいくことにしました。

|

« エントランスオブジェとしてのイス その3 | トップページ | エントランスオブジェとしてのイス その5 »

オブジェ」カテゴリの記事

翼あるもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エントランスオブジェとしてのイス その3 | トップページ | エントランスオブジェとしてのイス その5 »