« エントランスオブジェとしてのイス その12 | トップページ | エントランスオブジェとしてのイス その15 »

エントランスオブジェとしてのイス その13

Bm-080330-Ca3A0022-B
木部分はオイル仕上げです。
以前はワトコオイルを使ったりしたのですが、友人の家具作家、
多音他工房の種綿さんに、プラネットカラーを教えてもらいました。
100%植物油を使用した安全な天然木材用保護塗料だそうです。
缶を空けて、ニオイが、何とも素敵なニオイなのでビックリしました。森林浴を凝縮したような感じと申しましょうか。
乾きも早く、しっとりした高級感のあるツヤに落ち着いて大満足です。
ただ、塗る際に使ったウエスなどが、空気で酸化して自然発火する場合があるそうで、後片付けは慎重にしなくては。
あぁ、もちろん、塗った木が自然発火することはないそうなので、あしからず、です。

|

« エントランスオブジェとしてのイス その12 | トップページ | エントランスオブジェとしてのイス その15 »

オブジェ」カテゴリの記事

翼あるもの」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、「プラネットカラー」のキーワードでで検索エンジンでやって来ましたyukinekoと申します。プラネットカラーで家具に塗装しようと思い、どの色にしようかと悩んでいるんですが、こちらの写真はどの色で塗装されたのでしょうか?教えて頂けるとうれしいです、よろしくお願いします。

投稿: yukineko | 2008年5月18日 (日) 14時41分

はじめまして。yukinekoさん。
コレは「クリア」です。
地の木の色が、上品に濡れたようになりました。
色のオイルは、使ったことがないので、ごめんなさい、よくわからないです。。。
家具、ステキになるといいですね!

投稿: 真代 | 2008年5月18日 (日) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エントランスオブジェとしてのイス その12 | トップページ | エントランスオブジェとしてのイス その15 »