« 風の声 その7 | トップページ | 羽のあるサイン その2 »

羽のあるサイン その1

Bm-080201-Dvc00024W
よく店舗のサインなどのオーダーを頂くことがあります。
今回は、新しい試みを加えたデザインです。
 
お名前は熾天使(してんし)の複数形。
ウィキペディアによると、
偽ディオニシウス・アレオパギタが定めた天使の九階級のうち最上とされてて、三対六枚の翼を持ち、二つで頭を、二つで体を隠し、残り二つの翼ではばたくそうです。神への愛と情熱で体が燃えているため、熾(燃える、などの意)天使といわれると。
ラファエル、ウリエル、ミカエル、ガブリエルの四大天使の名前を聞いたことのある方は多いのではと推察しますが、この四大天使は熾天使だそうです。
 
そして、羽のあるサインを作ることになりました。
サインは、設置させる場所によって、両面性が必要な場合があります。
今回、羽は、表面、裏面、両方に付きます。
 
まず、表面用の羽のパーツを切り出しました。
  
江口真代のホームページ   Minori Art

|

« 風の声 その7 | トップページ | 羽のあるサイン その2 »

たとえばオーダー制作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風の声 その7 | トップページ | 羽のあるサイン その2 »