« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

テツグルミー鉄熊 その6

Bm-070921-011-B
頭のパーツが出来たところ。
はち切れそうな縫い目を模して、点付け溶接です。
コレに目鼻耳がつきます。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

テツグルミー鉄熊 その5

Bm-070920-005-B
首にはあらかじめボルトを仕込みます。
ある程度の太さを感じないと首らしくないので8mmを使用。
強度としては必要以上ですな。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

テツグルミー鉄熊 その4

Bm-070920-007-B
頭は3枚接ぎでいきます。これが何とも根気が必要なわけです。
形が整ったら、点付け溶接するのですが、番線で締めて仮固定して溶接します。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

テツグルミー鉄熊 その3

Bm-070920-003-B
切り出したパーツです。
クマのぬいぐるみを作られる方ならおわかりと思いますが、
ほぼ、ぬいぐるみの型紙の考え方です。
そして、詰め物をして形を整えるのではなく、
詰め物をした時のカタチに叩き出すわけです。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

テツグルミー鉄熊 その2

Bm-070920-51-B
プラズマで、手切りします。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

テツグルミー鉄熊 その1

Bm-070920-001-B-1
小さいサイズの鉄熊を作ります。
テツグルミというのは、鉄のぬいぐるみの意味で名前を付けたシリーズです。
錆板に型紙をトレースです。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

什器ー上げ台 その5

Fjs-007-May+Oatc-Puku-02030405-7Ru-W
天板を溶接し、内部に斜めに板を入れました。
色は材のまま、天板は錆の茶色です。塗装するとシックになります。
テツグルミのコアラを乗せて写真を撮りました。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

什器ー上げ台 その4

070810-003-B
箱形に組み立てます。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

什器ー上げ台 その3

070810-002-2-B
なんで万力で固めているかというと、
ひずみをなるべく小さくしたいからです。
鉄に内部応力が残っていると、熱を加えた時に、より暴れます。
鍛造線は、多分に暴れる気がします。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

什器ー上げ台 その2

070810-001-B
四角を作ります。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

什器ー上げ台 その1

070809-001-B
上げ台と呼ばれる什器です。
台やテーブルなどの上で、高さに変化を付けるために置く、低めの台のことを言うようです。
鍛造線を何本も準備します。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

ネックレス什器 その8

Fjh-005-May-57-W
表面を整えた錆に半ツヤぐらいのクリア塗装です。
室内だったら、この塗装の耐久性で大丈夫です。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (2)

ネックレス什器 その7

070807-005-B
準備しておいた支柱に溶接します。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

ネックレス什器 その6

070807-004-B
ひっくりがえして溶接です。
角を溶かさないように火口を調節。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

ネックレス什器 その5

070807-003-B
ちょっと見づらいのですね。
先端に丸く溶棒の鉄を溶かし付けました。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

ネックレス什器 その4

070807-002-B
その鍛造線を、こんな風に細長い材の上に
均等間隔で並べて溶接します。。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (2)

ネックレス什器 その3

070807-001-B
さて、3ミリの鉄線を叩いて作った鍛造線を短く切りました。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

ネックレス什器 その2

070805-002-B
ドロスを落とし、バリを取り、
触って大丈夫ななめらかさに整えます。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

ネックレス什器 その1

070805-001-B
ネックレス什器を作ることになりました。
お店で、ネックレスを掛けて飾るものです。
今回は、ホントにシンプルなデザインの予定。
まずは、支柱を切り出します。6mm厚鉄板を使用。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

■壁面アート その67

Okp-028-Seikuro-All-031-W
 
Okp-029-Seinana-All-042-W
煉瓦の壁に付きました〜!
場所は軽井沢浅間プリンスホテル、メインエントランス壁面です。
(軽井沢にはプリンスホテル二つあるので、あしからず)
 
空間に対する大きさ、他の調度品とのカラーバランス、煉瓦壁面との力関係、作品の密度、心配していたことはみんな大丈夫でした。
光量が足りない中で取った写真なのでぼんやりしてますが、実物はちゃんとしてますので。
 
現在、ホテルは冬期閉鎖中、来年4月中旬まで入れないのですが、
お近くにご用のさいは、是日ご高覧下さい。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (2)

■壁面アート その66

Bm-071203-P1080228-W
設置作業です。
最終的に取り付ける高さを確認し、壁にアンカーを打ち、取り付け金具を付けて、固定します。
壁からの浮き具合も予定通りなのだ。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

■壁面アート その65

Bm-071128-Dvc00063-W
ナナカマドも乾き待ち。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (2)

■壁面アート その64

Bm-071128-Dvc00059-W
塗装をします。
吊しております。。。
・・・・ちょっと大変。。。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (2)

■壁面アート その63

Bm-071127-Dvc00051-W
端の方で右肩上がり、って、縁起担ぎ?
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

■壁面アート その62

Bm-071127-Dvc00048-W
クロマメノキの方は、ウェーブの板になります。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

■壁面アート その61

Bm-071127-Dvc00047-W
とり付きの収まり。
3枚構成で、枝の付く一枚目は溶接が入らないので、スッキリです。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

■壁面アート その60

Bm-071123-Dvc00044-W
枝の高さを最終的に決めなくちゃなりません。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

■壁面アート その59

Bm-071122-Dvc00041-W
板部分を取り付ける準備。
この棚板状に張り出しに、枝が付くのですが、塗装の関係で一部別パーツにすることに。
作品に何かプラスアルファーで追加のものを付けられるようにしてほしいというのが、先方の意向でした。
奥行きの浅い棚状の部分を作ることで、ちょっとしたものを載せたとしても、また、載せなかったとしても作品感が損なわれないデザインとしました。
季節感の演出を付加できるようになります。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

■壁面アート その58

Bm-071122-Dvc00040-W
さて、環の方ですが、バックに板を付けます。
部分的に切り欠くことになりました。
この形は、ナナカマドの方です。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

■壁面アート その57

Bm-071022-001-W
丹念にブラシがけをいたします。
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (0)

■壁面アート その56

Bm-071024-P1060955-W
一番小さい枝ですが、一番伸びやかにしたかった。
「伸びる」カンジが出てますでしょうか・・・?
 
江口真代のホームページ   Minori Art

| | コメント (4)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »